次に歩く人が幸せであってほしいと願うこと

もしも、今まで歩いてきた道が、なかなか歩きづらいようなら、次の人には、歩きやすい道であってほしいと願っています。

あまりにも忙しくて、休むことも出来ないのなら、
ふーっ、と肩の力を抜いて休める時があるといいなぁ、と思います。

そして、つながりながら、これからの人生のワクワクに向かって、楽しめるような環境を持ち続けていただければよいなぁと思います。

ワクワクが、今の自分を助けて、未来の自分を作ってくれます。

周りの助けを借りながら、ご自身の幸せを作っていかれますように。

今、幸せでいることが、未来を歩く人の幸せにつながっているので、自信を持って幸せであってほしいものですね^ ^

via PressSync

今日も、感謝をした一日でした。

周りの方々から、毎日親切を受けているので、今日も感謝の一日でした。

幸せな環境で過ごしていられることが、とてもありがたく感じます。

今日は改めて、自分が手にしているものを見つめる機会がありました。

わたしが幸せでいられるのは、周りの方々のおかげです。

多くの親切から、自分の幸せが作られているのですよね。

手にしているものを見ていると、幸福感で心が満たされていきます。

日々、幸せを感じながら過ごしていきたいです。

今日もありがとうございました^ ^

今日は、誕生日のお祝いランチでした。
美しくてかわいいデザートにも感動しました。

via PressSync

願望は、その人オリジナルなもの

私たちには、両親から受け継いだ遺伝があります。
自分の満たしたい基本的欲求それぞれの高低がすでに決まっています。

これは、生まれた時から決まっているので、一生変える事はできません。

私たちはこの欲求を満たすために、常に行動をしているので、何を行動するかは選べるし、どんなものを願望にするかも選べます。

願望は、あくまでもその人のオリジナルなので、良いものも悪いものも入っています。

そして、他の人からは剥がすことができません。

その人なりの願望を見てると、それを選ぶのは無理もないなぁと思う時があります。

選択は常にその人にとって最善なので、満たした基本的欲求の何かを満たしているのですよね。

コーチングを受けていると、その最善が自分でも自分の行動として理解できるようになってきます。

そして、その選択が効果的かどうかも判断しながら次の行動に移ります。

コーチングでは、基本的欲求を聞きながら、問題解決に導いていきます。

最初のうちは、これからの人生に役に立たないものが入っていたとしても、カウンセリングの中で、願望が変わっていくことがあります。

願望は、人それぞれのオリジナルなので、少しずつ願っているものに近づいているかを見極めながら、より良いものに変えていきます。

満たしたい欲求を考えながら、少しずつ次の行動につなげていきたいですね^ ^
via PressSync

親切に支えられて生きていくということ

いつも、周りの方々の親切に支えられていることに気づきます。

その時、「わたし」は「わたし達」に変わります。

以前はずっと、「ひとに迷惑をかけてはいけない」と思っていたのです。

これが、実行しようと思っても、うっかりしているので、なかなか難しいのです。

そんな中で、「わたし」が「わたし達」に変わったので、チームの一員となりました。

助けてもらう場面は沢山あると思うのです。

それでも、「迷惑をかけない自分」は、現実的でないことに気づきました。

考えてみると、ひとは、誰かの助けなしには生きてはいけないので、
「迷惑をかけない自分」は、あり得ない目標なのですよね。

わたしの場合は、特に目標が大きすぎるようです。

自分にできる達成可能な小さな目標を見ていくことにします。

今日も、周りの方々に感謝の一日でした。

いつもありがとうございます。

via PressSync

チームで前に進んでいくこと

自分だけの力は小さくても、チームの力が集まると、メンバーの強みの掛け算で、大きな力になります。

力というと、
勝つこと
競争すること

…のようなイメージがあるかもしれないけれど、

あたたかさ
思いやり
楽しさ
ワクワク
貢献

が、チームのおもな原動力になります。

「私たち」らしさを大切にしたチームであれば、
オッケーで、そこにそれぞれの強みが注がれていくのですよね。

自分に出来ないことは、仲間の協力でできるようになるのですね。

チームっていいですよね^ ^
via PressSync

強みを使うことを意識していて気づくこと

人にはそれぞれ強みがあって、強みを使うことがその人の幸せであり、強みを使える場所にいることでその人らしさが現れます。

最初のうちは、強みをどのように使ったらいいのかわからないことがあるかもしれません。

自分の強みを知ったからといって、それがどのような場面で生かされるのか、自分だけでは全く分かりません。

強みを知って、強みを使うことで、自分の強みがどんなところで人の役に立つかが見えてきます。

そして、意識的に使えるようになります。

強みが使える環境に身をおくことが、自分の幸せにつながります。

強みを生かせる場所で、強みを生かせる人に出会うことで、自分らしさがより発揮できることでしょう。

意識して強みを使い、息を吐くように貢献できる人になりたいものです。

via PressSync

しあわせは、水に流して受け入れる所からやってくる。

人を許すことで幸せになるのは、「許された人」ではなく、「許した人」なのです。

心の中から、モヤモヤを解放して、水に流すことが出来ると、「新しい幸せ」を心の中に取り込むことが出来るのですよね。

そして、「水に流して許した」という経験値が、また新たな「許し」のループをつくり、また幸せを心の中に取り込むことにつながります。

いつまでも「許せない自分」を固く握っていると、しあわせを手にする両手がふさがってしまいます。

だから、「許して手放す」のです。

こうして、許しながら前にすすんでいくと、自分の成長に合わせて、新しい出会いやご縁が得られます。
きっと、何か引き寄せられていくものがあるのでしょうね。

人を許すことは、しあわせになるために、必要なものです。

「人を許して水に流す」

を意識していきたいですね^ ^
via PressSync

今日は、私の誕生日です。両親や家族、周りの方々に改めて感謝した1日でした。

今日は、私の誕生日です。

いつも、得ているものには感謝して過ごしていますが、今日はいつも以上に、手にしているものに「ありがとう!」の気持ちを持ちました。

今、私が幸せでいられるのは、つながりがある周りの方々のおかげです。

●日々、学び合える仲間がいること
●今日も楽しい気持ちでいられること
●周りの方々とのつながり
●沢山の人に支えてもらっていること
●失敗も成功も一緒に分かち合えること
●あきらめようとしても、また前に進めること
●親切を分けてもらえること、親切にできる人がいること

毎日を楽しく過ごせることが、本当に嬉しいです。
そして、周りの方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、よろしくお願いいたします^ ^

愛されるということ

人は完璧ではないから、完璧でないところが良いところでもあります。

弱みを見せられることが、人からの愛を受け取れる人になるということでもありますね。

弱さは、愛を受け取るときに、きっと必要で、弱さを見せ合えることで、愛を受け取れるのでしょうね。そして、つながりや絆が強くなっていきます。

弱さを受け入れて、愛を受け取り、そこからつながりを深めていきたいものですね。

人は、親切にしたい生き物なので、完璧でない姿や弱みを見せられることで、関係が強化されます。

より、愛を受け取れるようになりたいものですね。

そして、受け取ることができたら、与えられる人にもなりたいものです^ ^

via PressSync

多様性を受け入れながら、チームで成長すること

人それぞれに「自分らしさ」が違うので、みんなそれぞれに個性的で、素晴らしいのですね。

「自分らしさ」を生かしながら働ける環境があるのはしあわせです。
幸福度を高められますね。

そして、自分の弱さを見せることができたら、それは強さになります。

多様性を受け入れられるチームの環境が、幸せを作っていきますね。

違いを認め合い、違いの「自分らしさ」を受け入れ合いながら働く。

そんな風に受け入れながら、働けたら、チームで成長していきます。

チームに価値が生まれ、所属していることが誇らしく思えることでしょう。

チームの力を信じて、進んでいきたいですね^ ^

via PressSync