習慣にして継続すること

今、取り組んでいることが、未来の自分につながっていることをイメージすると、継続することの大切さが分かるような気がします。

社員さんの面談では、今、仕事で取り組んでいることが、どんな風に変わって行くか、考えてもらうことがあります。

また、今まで取り組んできたことは、自分のどんなところに役立っているのかも考えてもらうのです。

そうすると、自分の過去の経験から、今得ているものを見てもらうことにつながります。

種を蒔いて、どんなものが収穫期できたのか考えてみると、これからのプロセスをどんな風に歩んでいく、プロセスにも繋げることができますね。

未来はしっかりとは見えない曖昧なものです。

それでも、今、目の前で取り組むものは、案外しっかりと見えていたりしますね。

今ここにあるもの

を味わい、取り組みながら、また未来へと進んでいきます。

日々の習慣は、やっぱり継続することに意味があるのだと思います。
自分が満足できるところまで、続けていきたいですね。

via PressSync

才能ある人たちが育っていく姿を見るのは嬉しい^ ^

人は、出来ないのではなくて、やり方が分からないだけなのです。

ですから、まったく難しく考える必要はありません。

前を行く先輩のお手本を見せてもらいながら、学んでいくことで、自然に身についてしまうものなのです。

人が育っていく環境があると、強みや才能は、どんどん伸びていきます。

強みや才能を生かしあうと、今度は互いに助け合う風土が出来上がります。

それぞれの能力は、周りの人との掛け算によって、より大きくなっていきます。

ですから、強みを出し合って助け合うと、息を吐くようにチームが成長していきます。

人が育っていく環境というのは、簡単に考えれば考えるほど、シンプルに、楽しく出来上がっていきますね^ ^

いい言葉が、いい環境を作るので、チームを育てたい時には、チームビルディング研修をオススメしています。

チームで成長していきましょう!

via PressSync

組織全体で新しい世界に飛び込んでいく覚悟

社員さんの成長を願う時に、組織全体で成長していく覚悟を持つと、自分が今するべきことは何かが見えてきます。

優先順位があるので、その優先順位を見直す作業をするのです。

論理的に冷静な判断をすることはもちろんですが、感性に訴える共感力があると、さらに組織が成長していきます。

そして、チームのメンバーひとりひとりが、それぞれの目的に向かって、ぐーんと伸びていきます。

組織全体で次のステージに上がる覚悟を持って、目の前の出来事にチャレンジしていきたいものですね。

社員面談で、社員さんの強みを見つめながら、才能を伸ばし、組織全体で成長していきましょう!

via PressSync

自分の才能を生かして、主体的に働ける社員面談を。

時代は変わっていて、働き方も、どんどん変わっていきます。

自立と自律を軸にして、主体的に働く社会へと変わっています。

自分の人生の軸は自分が握って、自分らしく働く。

自分が持っている強みと才能を生かして、ゆるーくつながりながら、ワクワクする楽しくて美しくて明るい未来に向かって
自分の人生のストーリーを描いていきます。

自分で決める「自由の欲求」は、行動のスピードを加速させていきます。

そして、「楽しみの欲求」は、ワクワクする美しい未来を作ります。

ちょうど良い距離感で、ゆるーくつながっているから、じっとしてはいないのです。

時代の変化を引っ張って行くぐらいに早く、どんどん前へと進んでいきます。

未来は明るいのです!

社員面談で才能を生かして、自分らしく歩いていきたいですね^ ^

via PressSync

会社と共に、社員さんも一緒に成長していく社員面談

会社の成長と社員さんの成長は、つながっています。

社員さん自身も、得意なことや強みを生かしながら、才能を発揮していくのですね。

それが、会社の成長につながります。

少しずつ、少しずつ。

信頼関係を作りながら、時を重ねながら、経験値を積みながら、新しいことにもチャレンジしていくのです。

最初はわからないことも、情報共有しながら学び合っていきます。

そうすると、得意を出し合いながら、自然に助け合って、ぐんぐん伸びていくことができますね。

社員面談で、社員さんの得意を見つけて生かしていくと、社員さんと、そのまわりから、しあわせが広がっていきますね。

会社共に社員さんが成長する組織って、いいですよね^_^

via PressSync

社員面談をすると、家族のように支えられていることに気づきます。

会社は家族のようなもので、たくさんの人に支えてもらって、組織が成り立っているものです。

当たり前のことは、1つもなくて、ひとりひとりの想いが形になって、描いている未来が実現するしていくものです。

ひとりでは成し遂げられなくても、たくさんの人に支えられて、チームの力が集まると、未来が作られていきます。

今、ここにいられること、支えてもらっていることに感謝をして、また歩いていきたいものです。

社員面談をすると、社員さんの想いに触れることができるので、より家族のようなチームをつくることができます。

今の、安心安全に感謝して、また進んでいきたいものですね。

via PressSync

ひとりひとりが、次に歩く人のことを考えて今を作っていくと、幸せが広がっていきます!

ひとりひとりが、次に歩く人のことを考えて進んで自己実現をしていくと、組織の幸福度が上がっていきます。

自分のため、未来のために、今できることを主体的に考えて、組織へgiveの精神で実行するからなのでしょうね。

これは、自分自身を信じて「わたしはできる!」と感じながら動いていきます。

そして、周りの仲間を信じて、信頼関係のある中で、行っていきます。

階段を一段ずつ上がっていくように、自分の成長が、自分と次を歩く人の成長と幸福感につながっていることを信じて、進んでいきます。

最初は難しいと思っても、同じように進んでいる仲間がいて、共に励ましあって頑張っていけるので、チームの力を感じながら踏み出すことができます。

動きやすい環境があれば、人はいつでも自己実現ができます。

ひとりひとりの幸せが、未来を作っていく。

社員面談で、未来へつながる職場を作っていきたいですね^_^

私自身も、心が柔らかで親切な仲間がいることに、心から感謝しています!!

via PressSync

社員面談で、次に歩く人が歩きやすい今を作る

次に歩く人が歩きやすい今を作ることが、今の自分にとっても、未来の自分にとっても、身動きが取りやすいのだと思います。

人はもともと動機づけられているので、本来なら自分らしく動くことができます。

でも、思うように動けないのには、何かの理由があると考えられます。

社員面談では、社員さんの動きを止めてしまっている障害となるものは何かを一緒に考えて、社員さんの障害を取り除くお手伝いをします。

社員さん自身が動きやすいと、仕事がはかどり、生産性があがります。

安心安全が土台にあるので、信頼しあい、助け合えるのですね。

創造性が高く、働きやすいチームとして成長していきます。

次の人にとって歩きやすい今を、作っていきたいものですね。

via PressSync

組織を良くしたい社長さんへ

今、問題を抱えている中小企業の社長さんが、組織を良くするためにできることの1つに、社員面談があります。

社員面談のメリットは、主に2つあります。

●社員さん一人一人が抱える悩みや問題点を表に出し解決すること

●社員さん一人一人の強みや良いところを見つけて生かすこと
です。

社員さんの抱える問題や悩みを誰かと共有することで、できることとできないことに区別され、できることの中から問題解決に結びつけます。

また、社員さんの強みは良いところは、本人では気づきづらく、他者の視点も取り入れながら才能を見つけて行きます。
職場の中で眠っている才能を生かすと、生産性があがり、職場の雰囲気も活気づいていきます。

そして、社員面談をする中で、安心感が得られると、信頼感系が生まれていきます。チームとして成長していくことも可能です。

組織を良くしたいと思っている忙しい社長さん、社員面談でチームを元気にしていきたいですね。

via PressSync

時々、自分の仕事を振り返る時間を

仕事が忙しい時に限って、多くの問題が起きるものです。

仕事で視野が狭くなっているときは、創造性が低下して、疲れやすく、イライラしやすいので、仕事がうまく回りません。

また、そういうときは、リラックスすることもできないほど忙しい状態だったりするので、ホッとすることも難しいのですよね。

また、自分のことを振り返る余裕もない場合があります。

ですから、そんな時のために、あらかじめ、自分のことを振り返る時間の余裕を計画しておくのです。

1ヶ月に一度、社員面談でコーチングの時間を作っておくと、イライラしている自分から、余裕を持って取り組める自分へと変わることができます。

社員面談をする事で、創造性が発揮されていきます。

社員さん本来の力を出せる仕組みを、計画的に作っていきたいですね。

生産性を上げて利益に繋げていきましょう!
via PressSync