人が成長するのを見るのが楽しい自分

私は、人が成長するのを見ているのが楽しくて、人の成長をお手伝いすることも結構好きです。

というか、意識をほとんどしなくても、私の周りの人は成長していく位の強みを持っているのだと思います。

私は、ノラ猫とか、回遊魚のように、動いているのが結構すきです。

いろんなところに所属をして、その所属した先々の人が成長していくのは、幸せをどんどん作っていくような気がして楽しいです。

じっとしていないけれども、人が好きで、所属することが大好き。

動いている方が人の役に立てるし、自分の良い部分が引き出されていくような気がします。

これから私は、人の強みや才能を見つけ、伸ばし、会社や社会に貢献できる人を育てていきます。
私にしかないギフトをもらっていることに感謝をして、喜びを感じながら仕事をしていきます。

私の強みで、たくさんの人が幸せになる、生き生きと働けるのだと思うと、本当に嬉しいです。

オールマイティにできる自分でなくても、私の強みが人の役に立てれば、それでいいんだなぁ。

強みに感謝です^ ^

via PressSync

会社は家族

今日は、来週末に行われるウーマン起業カレッジの宿題をしていました。

この、宿題というのは、自分の好きな会社を5枚のプレゼンテーションにして紹介するというものです。

私が選んだ会社は、長野県にある伊那食品工業と言う会社です。

かんてんぱぱという寒天を扱った商品を製造している会社です。

この会社のホームページやこの会社にまつわる記事を読んでいると、あまりにも素晴らしい会社でいつの間にかフロー状態に入っていきます。

その中でも、特に印象に残った事は、

●会社はファミリーのようなもので、公私にわたって助け合うこと

実際に、社員さんのお宅が火事になった時、会社の人たちは、協力しあってその方を助けられたそうです。

●道徳なき経済は犯罪で、経済なき道徳は寝言

二宮尊徳翁のことば。精神的にも、経済的にも豊かになることを目指している会社だと思いました。

●年功序列

仕事ができるできないにかかわらず、人は子供が生まれ家を建てて、だんだんお金が必要になり経験を積んでいくため、年齢に応じて給料を上げていく仕組み。

…でした。

社員さんの幸せを心から願い考え、そして周りを取り巻く人たちが皆で幸せになると言うことを考えているところが素晴らしいなぁと思いながら、ホームページを眺めていました^ ^
via PressSync

強みの掛け算

私は、影響力と人間関係の資質が高いです。

コミニュケーションは、やっぱりカウンセラーとしての自分の仕事に生きていると思うのです。
クライアントさんのことが自分のことのように思えるのは、私の強みだと思います。

社交性は、じっとしていなくて、いろんな人に会うことで、物事を吸収していくことにつながります。

成長促進と未来志向は、自分の周りの人の役に立ちます。私の周りの人は、いつの間にか未来に向かって、ぐんぐん成長していきます。
最上志向は、周りの人が最上になっていくときに役立ちます。
周りの人が育つと、最後に私自身も育ちます。
一緒にいる環境と言うのはとても大切なのだと思います。

自分の環境に感謝して、また一歩ずつ歩いていきたいと思いました。

(納豆を作りました^ ^)

via PressSync

長く続く幸せは、簡単に手に入るんだな。

わたしは、10年くらいかけて今のような自分になりました。

10年前には分からなかったことが、時代と共に科学的に分かるようになってきて、今では、長く続く幸せは、簡単に手に入ることに気づきました。

簡単…といっても、多少の努力は必要なのですよ。

ちょっとしたコツのようなものがあって、そこに時間をかけて積み重ねていくと、より幸せになっていくという感じです。

そんな感じで、時代が変わったので、わたし自身もアップデートしなくてはいけないと思ったのでした。

via PressSync

自分を知って周りの人を知ること。

改めて、私は周りの人のおかげで、何とかやっていけているということに気が付きました。

私には私の強みがあるけれど、周りの人にはそれぞれ持っている強みがあって、それをチームの中で出し合いながら過ごせているのです。

私は、何かをコツコツやることが、それほど得意ではありません。

でも、自分に合った仕組みがあり、仲間と励まし合える環境があることで、コツコツ何かを行うことができています。

例えば、筋トレのグループでは、毎日、今日行った筋トレを報告しあいます。

ひとりでだったら、筋トレもあっという間にできなくなってしまう私なのですが、仲間と励ましあっていることで、もう2ヶ月目に入って習慣化できています。

運動の習慣があるだけで、心も前向きになり、以前より物事を行う時に持続力が出たと思います。

チームには、いろんな強みを持った方々がいて、私は、周りの人の強みを借りながら、目標を達成しています。

私に足りないものは、周りの人が当たり前のようにできているものだったりします。

困ったときに、ささっと差し出してくれるgiveには、心から感謝しています。

私には私の強みがあるので、どんなことで人の役に立てるのか見つけながら、貢献して行けたら良いなぁと思いました。

これからも、周りの皆さんと一緒に、目標を達成して行けたらと思っています!

(筋トレは、今日は休息日でお休みでした。明日からまたがんばります!)
via PressSync

不得意な事は、いさぎよく諦めること

私のうっかりは、今始まったことではなく、まぁずっと前から変わらなかったのです。

仕事の名刺にも書くほど、うっかりしています。

何とか努力で直そうとしましたが、なかなか難しい。

今回は、いさぎよく諦めることにします。

なぜなら、うっかりを直す労力こそが、ムダだと気づいたからです。

得意な事は、得意なのでほっといても強みとして現れます。

しかし、苦手な事は、どんなに頑張っても平均になるかならないか位で、しかも、そこに労力を使いすぎてしまうと、本当に必要なことに自分の力が使えなくなってしまいます。

ついつい苦手なことを克服しようと思って、頑張っちゃうんですよね。

でも、苦手なものは苦手なのです。

どうせなら、そこを諦めることで、その時間を、もっと有意義な事に使えた方が良いのではないかと思ったのです。

苦手なことを諦めるだけでも、ずいぶん時間の使い方が変わってきます。

失敗した自分を、そんなに責めなくてもいいのかな。

苦手なことを諦めて、自分をラクにしてあげることにします。
via PressSync

7月1日はリーフオフ会

来週の日曜日、7月1日に、日産の車リーフに乗っている愛好家の方々のオフ会が静岡で行われます。

私は、そのようなオフ会があることも全く知らなかったのですが、日産のお店へ充電しに行ったときに、オフ会の幹事の方に紹介していただき、参加することにしました。

リーフは、充電しなければ走れない車で、走行距離もある程度決まっています。
ちょっと手のかかる車でもあります。

そんな車を愛する人と言うのは、私を含めて、やっぱりちょっとマニアな感じです。

そんな、リーフのイベントと言うのはどんなものなのかというと、朝、静岡県焼津市の日産プリンスに集合して、みんなで静岡市の日本平まで走ると言うものです。

なんと、全国から、80台位のリーフが集まります。

日産プリンス静岡さんからも、色々とご協力をいただいて、イベントを盛り上げてくださるそうなんです。

今日は、焼津の日産プリンスさんで、打ち合わせでした。

幹事の皆さんが、たくさん準備をしてくださっています。

くじ引きでは、全国のリーフ愛好家さんからのgiveもいただいていて、色んな商品が用意されています。

全国の愛好家さんにお会いできるのを楽しみにしています!

via PressSync

片付けあるある

今朝も、数日前から始めた、1日10分断捨離を行いました。

本日は、紙ゴミの始末です。

子供の使わなくなった教科書や、いらなくなったパンフレットや、期限が切れた書類等をじゃんじゃん捨てていきました。

片付けが終わって、「あーすっきり!」と思っていたら、子供が試験のために来月使う書類が、なくなっていました!

「あー、しまった!」

お母さんの私が片付けを始めると、大抵こういうことが起きるんです。

どこに入ってしまったのか、ちょっとわからないのですが、もう一度書類を見直してみようと思います。

片付けに慣れてない私が片付けを始めると、危険なことも時々あります。

これを良い教訓として、次は、必要書類は1番初めに片付けるようにしていきます。

我が家の「片付けあるある」でした!

via PressSync

親指シフトを使い始めました。

この記事は、音声入力とフリック入力(スマホ)で書いています。
昨日から、キーボード入力の速度を上げ生産性を高めるために、「親指シフト」と言う方法で書くことを試しています。

何しろ、私は動くまでに非常に時間がかかります。

何年か前に、いちどチャレンジしたことがあったのですが、すぐに挫折してしまいました。

あれから先送り先送りして何年も経ってしまったと言うわけです。

その時はやまぶき(R)と言うものを使っていたのですが、今はNICORAと言うもので行います。

何年か前にやり始めた時は本当に本当に大変でした。1文字打つのに何分もかかりました。

今日はと言うと、時間はかかるのですが、いちど苦労をしているので、チャレンジすることが楽しいと思えるようになりました。

とは言え非常にタイピングが遅く、非常に肩が凝ります。

これから、少しずつ親指シフト入力に慣れていきたいです。そして、今度こそ習得したいと思います。

文字を打つ負担を減らして、生産性を高めていきたいです。

半年位かかるかな。ちょっとずつ頑張っていきますね(╹◡╹)

via PressSync

グラッサー哲学を思い出しました!

今は、幸せな人がより幸せになる科学的データに基づく心理学、ウェルビーイング心理アカデミーの学びに夢中ですが、私は選択理論心理士という資格も持っています。

カウンセリングは、1つの手法だけでは完結しないものなので、色々な手法を組み合わせて使うと、目の前のクライアントさんにも合わせられるし、効果的です。

私が学んできたのは、いろんな手法が混ざって出来た選択理論をもとにしたカウンセリング手法、リアリティーセラピーです。
とても役に立ったと思っています。

リアリティーセラピーは、ある程度、枠のようなものがあって、その枠の中で問題解決をしていきます。

信頼関係を築いて、ラポールをしっかりとれば、後は枠の中で一緒に問題を解決していくだけなのです。
スルスルっとクライアントさんの目標が明確になり、それに向けての行動を、一緒に考えていくことができます。

選択理論は、「脳のシステム」を説明した理論です。

「人がいかに動機づけられ、認知し、行動するか」を説明しています。

この理論の他に、提唱者のウイリアムグラッサーには、グラッサーの哲学のようなものがあります。

それが、
「身につけたい7つの習慣」と
「致命的な7つの習慣」です。

選択理論を学んでいると、この2つの習慣がよく登場します。

【身につけたい7つの習慣の覚え方】

「耳は尊くうちはしんし」



尊く

ちは
しん

…と言うふうに覚えます。
このようになります。

●耳をかたむける
●励ます
●尊敬する
●受け入れる
●違いを交渉する
●信頼する
●支援する

【致命的な7つの習慣の覚え方】

「もんおせばひほうが」
もん




ほう

…となります。

●文句を言う
●おどす
●責める
●罰する
●批判する
●ほうびで釣る
●ガミガミ言う

です。

今日は久しぶりにこの「身に付けたい7つの習慣」と、「致命的な7つの習慣」を思い出す機会をいただきました。

科学的なデータや、心理学もどんどん進化していくので、常に新しい情報を手にしていきたいなーと思っています。

でも、この「コントロールを手放す」選択理論は、やっぱり私にとって愛着があります。

毎朝、Skypeで5時からロールプレイをしていたことを思い出すと、「カウンセリングの勉強が、あの頃も今も大好きなんだなぁ」と思います。

そして、目の前の人が成長していくのを見るのは自分のことのように嬉しいのです。

もっと悪い心が出てパワーにできると良いのだけど、私には嫉妬とか妬みとかが、本当になくなってしまいました。

だから、自分のことを自分で成長させていくように心がけなくてはいけないなぁと心から思った今日この頃でした。

via PressSync