所属感を味わいながら働くのは楽しい。

ゆるいつながりの中で、所属感を味わうのは、大切なことだと思います。

安心安全の土台があって、所属感を感じられるような、自分の居場所があるから、自由に自分らしさを発揮してチャレンジできるのでしょうね。

チャレンジは、楽しいものです。

食べることや生きることの欲求である、生存の欲求が満たされたり、ゆるいつながりが感じられると、チャレンジしやすい環境になるのでしょうね。

安心やつながりが土台にあると、創造性やパフォーマンスが上がり、持っている強みが発揮できます。

そして、所属感を持ち、チームで喜びをわかち合えるのです。

チームでの様々な体験から、信頼関係も生まれるので、よりよい仕事につながります。

このようにして、成長のループは、作られていくのですね^ ^

via PressSync

強みを生かしてチームを作ること

個人競技の100メートル走では、順位がつけられて、能力によって違いがはっきりとあらわれます。

これが、リレーになると、個人の走る能力だけでないチーム戦になります。

チーム戦になると、バトンの受け渡しのスピードとか、走者の順番とか、チームで練習して励ましあうこととか、出来ることが増えてきます。

リレーに限らず、チームで動くことで、個人競技ではみられなかった、その人なりの良さが見えてきます。

それが強みです。

強みは、人それぞれ違うので、違いを認め合いながら、使い合えるととても大きな力になります。

強みの違いを理解しながら、使い合って、チームの成長につなげていけると良いなぁと思います。

良いところを認めて、使いあっていきたいものですね。

via PressSync

力の欲求のカッコいい使い方をしている姿をお手本にする

承認や自己価値を大切にするような、
力の欲求をカッコよく使っている人の姿を
お手本にすると、
人への貢献や、
世の中への貢献の仕方を学ぶことができます。

自分が楽しくて、
周りも喜び、
未来の世の中のためになることを
上手に選んでいることに気がつきます。

未来の人が喜ぶ姿を
思い描きながら、
貢献をしていくのですね。

柔軟な心で
人や世の中を見て、
ワクワクしながら
愛情を持って、
面白いものを発見していく。

上下関係を作る必要がないから、
上でいるために、
ムダな力の使い方をする必要が
ないのですよね。

ワクワクしながら、
未来に貢献できることを
見つけていきたいものですね。

自分が持っている欲求についても、
社員面談の中で考えていくことがあります。

自分を知ることで、
より効果的な毎日を過ごすことが
できそうですね。

via PressSync

社員さん自身の言葉で語ることの素晴らしさ

オフィスこつこつで担当させていただく社員研修では、社員さん自身に、自分のことと、会社のことを語っていただきます。

●自分の良さや強み

●自分が望んでいる会社の未来

●自分に出来ること、得意なこと

●どんなチームを作りたいか

このような想いを、自分なりに考えて、チームの皆さんに伝えます。

自分の考えや言葉は、大切なチームの意見です。

ですから、チームのメンバー全員で、意見を大切にしながら、耳を傾けるのです。

一人ひとりの言葉が、チームの形を作り、
一人ひとりの強みや得意なことが、
チームの幅を広げ、成長につなげていきます。

一人では出来ないことが、みんなと一緒だからこそ、強さに変わり、ぐんぐん伸びていきます。

これは、与えられたものではなく、
社員さん自らの言葉なので、
よりよく変えていく力になるのですね。

絆を強めて、幸福度をあげて成長していきたい会社さんには、おすすめです^ ^

社員研修で、チームのつながりを大切にして、成長につなげていきましょう!!

via PressSync

感謝を意識する社員研修

今、手にしていること、
得ている事を数えていくと、
自然と感謝が生まれます。

1つ感謝を思い浮かべると、
芋づる式に、
次々と他の感謝も生まれていきます。

今得ていることの中には、
既に終わっていることも
忘れてしまったことも
あります。

しかし、
今、自分がここにいられること
周りの人に支えていただいていること
過去にたくさんいただいた
モノ、コトへの感謝。
1つ1つ思い浮かべてみるだけで、
幸福感が得られます。

そして、今ここで働けること
よりよい未来を作っていけることにも、
心から感謝の気持ちが生まれます。

そう考えてみると、
当たり前の事は1つもないなぁと
感じますね。

感謝を持って、
また歩き始める。

そして、また少し立ち止まって反射を振り返る。

そうすると、
より幸せに、前を向いて進んでいけそうですね。

社員研修では、感謝を感じて
社員さんの幸福度が上がるお手伝いをします。

幸せな会社を作っていきますね^ ^

via PressSync

良かったことと、新しいこと

1日の中で、
今日、良かったことを考えると、
物事の良い面に意識を向けて
過ごすことができます。

今、得ているものに感謝したり、
良かったことを考えたりして、
自分の心の中で幸福感を作ります。

そして、夜寝る前にも、
今日、良かったことに意識を向けて休むと、
翌朝も、良い目覚めが得られます。

意識的に、良かったことや新しいことを
時々考える習慣があると、
自分の視点を整えることに役立ちます。

自分自身の頭の中で考えることが、
自分の行動を作り、
自分の人生を作ります。

時々、今日良かったことを考えて、
自分自身を整えていきたいものですね^ ^

via PressSync

今ここをじっくりと味わうこと

忙しく働いていると、
自分のしてきた道のりや努力、がんばりなどを、すっかり忘れてしまいます。

バタバタして毎日があっという間に過ぎて行きます。

でも、時々じっくりと今を味わってみると、いろんなことが感じられます。

今日も仕事ができる事に感謝したり、
今、元気な自分を感じたり、
じんわりと喜びを味わったり

ちょっと立ち止まって、今ここを味わうのです。

そうすると、自分の心に余裕が出てきて、
また次の一歩に向かう気持ちが出てきます。

時々、今ここを味わっていきたいものですね。

社員面談も、自分と向き合う時間になります。

今ここを、味わっていきましょう^ ^

via PressSync

背後にある思いに耳を傾けて理解して、強みを生かす。

人の行動は、表に表れたものだけを見てしまいがちです。

しかし、表に表れた行動の背後にある気持ちに耳を傾けて、寄り添うことで、より理解しやすくなるものです。

完璧な人はいないので、ゆっくりと少しずつ、表にある行動を、どんな思いで行なっているのかと言うことを紐解いていきます。

すると、背後にある思いを理解できるようになります。

思いが理解できると、改善にも目を向けて、待つことができます。

そして、弱みを見せて受け入れてもらえるという経験をします。

この時は、伝えてくれたことに、周りも敬意を払うのです。

ひとは、いつでも学びなおすことができます。

勇気をいただきながら、成長していきたいですね^ ^

via PressSync

得意や強みのかけ算をすること

得意なことや強みは、それぞれ違うので、

●自分が自分を理解すること

●自分が相手を理解すること

この2つの理解が、信頼のある関係性を作っていきます。

同じものを持っていると、互いの理解がしやすいのですが、
強みは、違いを知って得意を生かし合うと、チームが大きく成長していきます。

信頼して、違いを認め合うのです。

信頼関係を作るときに、

●風通しの良い組織であること

●自分らしさをが見せ合えること

が、とても大切です。

人と違うことは、理解し合えると助け合えることにつながります。

少しずつ
自分の声に耳を傾けて、
相手の声にも耳を傾けて
近づきます。

こうして、チームの成長は、すこーしずつ作られていきますね^ ^

via PressSync

自分らしく生きるということ

ひとりひとりが、自分らしさを発揮できると、安心できる環境で、自分らしく笑顔でいられます。

互いに助け合い、協力的なので、チームとして成長していきます。

互いの良さを生かしあいながら、得意を伸ばすのでパフォーマンスも上がります。

そのためのスタート地点は、自分らしさを見つめ直すところからです。

本来の自分や、
自分の好きなこと、
ゆったりとした時間、
安らぎなどがあってから、
ワクワクにつながっていきます。

自分の気持ちと向き合ってみることを何度も繰り返しながら、前に進んでいきます。

少しずつ、歩いていきたあものですね。

via PressSync