受け入れて進んでいきます。

受け入れて進んでいきます。

幸せというのは、ただただ癒されるような、
お花畑のような世界ではなくて、
何かを乗り越えたり、
何かを行なったり、
今あるものに目を向けたり、
自分を受け入れたりして
得られるものです。

だから、いいことばかりが幸せというのではなく
辛いことを乗り越えた先にも
得られる幸せがあるのですよね。

ひとつひとつ、少しずつでも
前に進んで、歩いていくことが
今、1番大切なことなのだと思います。

受け入れて、前に進んでいきます。

via PressSync

親切について学んで、私がどのように変わったのか。

親切について学んで、私がどのように変わったのか。

私は、今までに親切の講座を2回受講しました。

1度目は、静岡で。2回目は、東京の勝間塾イベントで。

1度目の静岡受講では、親切について学んでから、家族の中でも、親切やウェルビーイングにまつわる本を読んで、学びを共有するようになりました。

身近な親切に意味があることを感じました。

見知らぬ人に道を聞かれる場面では、親切を使って答えることで、さらに心が満たされるようになりました。

親切っていいなぁと思いました。

2度目は、勝間塾の皆さんと親切を学びました。

終わってみて感じたのは、1人で学ぶのもいいですが、チームで学んだ方が、より大きな効果があることを体感しました。

私は普段から、勝間塾のオンライン上で会員のみ入れるコミュニティーをのぞいています。
講座の後に、コミュニティーの中の言葉や雰囲気が、大きく変わったことを感じました。

そして、実際に親切の行き来が頻繁に起きるようになりました。

親切は、減るものではなくて周りに影響して、幸福感をさらに増やしてくれることを体感しました。

生きていくためにはお金はとても大切です。
それでも、親切を知り、親切を使っていくことで、私の周りにお金では買えない幸せが広がっていきました。

勝間塾の親切の講座から、コミュニティーの雰囲気に優しさが溢れていることを強く感じるようになりました。

私自身の帰属意識が高まり、コミュニティーをのぞいていることで心が満たされるようになりました。

そして、自分自身が大きな効果を得て、私自身もこれからは親切を伝えていきますね。


4月21日(日)
14:00-16:30まで
静岡市七間町にある
イタリアンバルHOME(スノドカフェ隣)
にて親切の講座を行います。
3500円
定員は6名で、あと2-3人空きがあります。

5月15日(水)
午後に東京にて親切の講座を行います。
(詳細は、またアップします)
3500円
定員は6名で、あと3名空きがあります。


お申し込みは、
momosakukao1107@gmail.com
まで。
よろしくお願いします。

via PressSync

より良く働くことは、より良く生きること

より良く働くことは、より良く生きること

働き方に価値を見いだしたり、働き方を変えたりする事で、働き方はより良く変わっていきます。

外側からの動機付けでなく、内側からの動機付けで働くことができます。

自分にとって大切にしている価値観を考えてみたり、自分が憧れている価値観を考えてみると、自分らしい働き方が見えてきます。

そして、自分にとって大切にしているものと自分の行動を振り返ってみると、そこにギャップが生まれて来ることがあります。

そして、また考えて行動することで、さらにより良く働いていきます。

価値観を考えることは、より良く働いたりより良く生きるために意味があるのですね。

これから学んでいきたいです。

via PressSync

自分を大切にすることを人に伝えていくなら、私が自分を大切にしなければならない。

自分を大切にすることを人に伝えていくなら、私が自分を大切にしなければならない。

私が知らない間に、どうやら色々なことが起きているようです。

家族を大切にしていくために、学びはじめて今に至るのですが、私は、ついていけないと思うことが増えてきました。

家族も自分も大切にして生きていきたいのてす。

そして、自分を大切にしているとは言えない状況の中で、人に対して「自分を大切に」とも言えなくなってきました。

安心安全を返して欲しい。

家で安心できないのは、本当に苦痛です。

元の状態に戻してください。

このままでは、大切にしているものを書き換えなくてはいけなくなってしまいます。

何が起きているのか分からない中で、私が言うしかないことだと思ってブログに書きました。

via PressSync

幸福度が高くなることで、得られるもの。

幸福度が高くなることで、得られるもの。

幸福度が高くなると、周りにいる人も一緒にしあわせになっていきます。

あまり細かなことが気にならないような、視野の広さが持てます。

人に助けを求めたり、人の助けを受け取ったりできます。

自分の幸せを大切にします。

幸福度が高くなるときには、そのためのプロセスがあって、経験値をあげながら、より幸せになっていきます。

物質的な豊かさだけではなくて、幸せを感じるアンテナのようなものがあって、どんどん豊かな自分になっていくのですね^ ^

幸せを広げていきたいものです。

via PressSync

4/21に静岡で5/15に東京で、「幸せを生み出す親切の効果」を行います。大好きなことを伝えることか楽しみです。

4/21に静岡で5/15に東京で、「幸せを生み出す親切の効果」を行います。大好きなことを伝えることか楽しみです。

日々の生活の中で、当たり前のように幸せな行動習慣を持っている仲間と過ごしています。

特に私は、辛いことがあっても大抵すぐに立ち直ってしまうのですが、レジリエンスの力も、自分の幸せにつながっているなぁと思っています。

そして、自分が大好きな仲間と大好きな「親切」を伝える事がとても楽しくて、ワクワクしています。

幸せは、周りの人や仲間と一緒に作っていくと、より効果があるなと感じます。

一緒にワークをしたり、分かち合ったりすることで、つながりを感じながら親切の効果を学んでいくことができるのだと思います。


「幸せを生み出す親切の効果」
4/21
午後2時-午後4時半まで
会場 静岡
静岡イタリアンバル HOME
会費
3500円

5/15
午後
東京


via PressSync

動いてから「あれっ!?」と思ったら立ち返る。

今週はモヤモヤを表に出してみることで、自分の問題が明らかになってきました。

ついつい目の前に問題が起きていると、いつものクセで動いてしまう自分がいます。

でも、起きていることや様子が見えない中で動いているのは、良い状態では無いと思っています。

勝手に動くのはおかしいですし、方向性もやみくもな感じです。

これは、モヤモヤを表に出すだけではなくて、次なる行動が必要なのだと思います。

明日からは営業を学ぶので、営業について知るとともに、自分の行動に移していきたいと思いました。

今日もありがとうございました。

via PressSync

小さな幸せを大切にしながら、必要なことを考え行動していく

小さな幸せを大切にしながら、必要なことを考え行動していく

流されがちで動いてばかりいるのが好きだと、本当に必要なことが見えなくなってしまいます。

小さな積み重ねが必要だとわかっていても、案外行動に落とし込んで出来ていないこともありそうです。

分かっているつもりになっていて、めんどくさいと言う気持ちが残っていると、目の前の幸せにしっかり気がつけていないのではないかと思うのです。

人は、いつからでもやり直したりスタートしたりすることができます。
幸せであることが優先なので、楽しく生きていけばいいのですよね。

毎日は、小さなチャレンジの繰り返しだから、無理のないところで生きていけばいいのですね。

目の前の幸せを大切にして、生活を立て直していきたいです。

何かにチャレンジするときは、ごくごく小さな金額でチャレンジすること。
大きな投資は諦めること。
時間を守ること。
先を見通して行動すること。
規模の利益、希少性、営業力を意識して動くこと。
自分の心地よさを優先して、大きな無理をしてまで動かなくてもいいと言うことを理解すること。

…こんなことを意識していきます。

身近な人たちとコミュニティーランニングをしながらgiveの5乗で生きていきたいと思います。

大きな学びをいただき、感謝をしています。
今日もありがとうございました。

via PressSync

頭の中のモヤモヤを、時間をかけて少しずつ出していくこと。自分の中のギャップをどのように捉えていくか意識すること。落ち着いて視点を高く俯瞰して見ていくこと。

頭の中のモヤモヤを、時間をかけて少しずつ出していくこと。自分の中のギャップをどのように捉えていくか意識すること。落ち着いて視点を高く俯瞰して見ていくこと。

今日は、勝間塾の月例会でした。
わたしは東京の月例会会場で受講しました。1番前の席で勝間さんのお話を聞いて、本当に良かったと心から感じています。

勝間さんのお話の中から、大きなギャップを感じました。
そして、周りの方々も、ギャップを感じていることに気づきました。

わたしは、周りの皆さんへの対応が1番心配でした。
対応しなくてはいけないと思いました。

でも、皆さんは、とても優秀です。
同じテーマであっても、メンバーの皆さんの行動の質がどんどん変わっていることに気付きます。

起業というテーマが、遠いものから身近なものへとどんどん変わってチャレンジされていることに気づきました。

次に、ピンチをチャンスに変えるためのサポートについても心配して考えていました。

わたしに出来ることは、息を吐くように出来る強みを、仕事にしていくことで役に立つことだと思いました。
ゆるいつながりの中から、人が育っていく姿を、たくさん見てきました。
また、わたし自身も、もともとは今のような状態ではなかったので、自分の学びのプロセスも振り返りました。

リーダーとゆるくでも対話出来る状態であったら、うまくいくような気がしています。

どのようなサポートが自分にできて、どのように強みが使えるのか、考えていきたいです。

まずは、周りの方々を大切にするところから。

…今日も学びに感謝です。
ありがとうございました。

via PressSync