こつこつと少しずつ歩いていくこと

どこからでも、いつからでも、学び直しはできて、こつこつと歩んでいきたいものです。

人の価値観は、それぞれで、その価値観に合わせた人生を歩んで行きます。

価値観を大切にしながら、今どんなことを考えていて、何をしていきたいのかに耳を傾けて、行くと、その人らしい人生が待っています。

いつからでも、どこからでも、歩んでいくことができます。

少しずつ、いっぽずつ進んでいきながら、学んでいきたいものですね^_^
via PressSync

疲弊してしまうギバーから、まずは自分が幸せになるギバーへと選び直していくこと

何かに夢中になっているときや、問題を見ているときには、夢中になっていることや問題に焦点が当たっていて、案外周りが見えないものかもしれません。

そんなときは、長い人生のなかの「今、どの辺りにいるのか」を意識すると良さそうです。

乗り越えなくてはならないことだったら、乗り越えることが強さになりますし、経験値を上げる学びになるかもしれません。

そして、また心を整えてスタートしていきます。

もし、疲弊しているのだとしたら、
疲弊してしまうギバーから
まずは自分が幸せになるギバーへと
変わっていけばいいのですよね。

少しずつ、動きながら
選び直していきたいものです。

人は、いつからでも変われるので、
試行錯誤しながら、
見つけていきたいですね。

via PressSync

今日は、選択理論の研究会で、子育てにまつわるお話をさせていただきました。

本日は、静岡労政会館で選択理論の研究会でした。

発表者の強みを生かした内容ということで、今回は「子育て」にまつわるお話をさせていただきました。

考えてみると、わたしが選択理論を学び始めたのは、長女の赤ちゃんがえりがきっかけでした。

そこから、カウンセリングや自己啓発の勉強が楽しくて、ずーっと学び続けています。

何といっても、学び続けられたのは、一緒に学ぶ仲間がいたからです。

いつも楽しくて、新しい発見があったこと。

「わたしは人をコントロールできるという行動」

である、「外的コントロール」を手放してこられたプロセスも、振り返ると、とてもありがたく感じています。

今日は、
「目ヂカラがあるし、勢いがあるね!!」
と嬉しいお言葉をいただきました。

「幸せ」

にまつわる話は、みんなと分かち合うと、じんわりあたたかで、嬉しい気持ちになりますね。

みんなとシェアした幸せな行動習慣を、私自身も選んでいくことにします!

ありがとうございました😊

via PressSync

試行錯誤で歩んでいくうちに、道が見えてくる

自分の得意なことや、強みは、実際に動いてみないとなかなかわからないものです。

苦手なことも、実際にやってみないと、これは苦手か得意かというのも自分自身で見分けられません。

自分ではそんなにがんばっていないけど周りから喜ばれたりすることは、自然に使っている強みなのでしょう。

誰かに喜ばれる経験をして、どんなことで人に貢献できるのか、どんなところが得意なのか、少しずつ見えてきて、道も開けてくる。

そう考えてみると、行動して経験値を上げる事は、とても大切なことなのかもしれませんね。

日々経験値を上げながら得意なこと、周りの人の役に立つことを見つけていきたいものですね。

via PressSync

器が大きくなる瞬間を見せていただくこと

人が成長するときには、
自分を受け入れて、相手を受け入れて、
自分を許し、相手を許す必要があります。

わかっていても簡単にできないことを、しっかりと自分と向き合い、行動に移していく時に、人は器が大きくなっていくのだと思います。

人を許すことも、自分を許すことも、とても勇気がいることです。

そんな中で、今の自分に立ち向かって、チャレンジをするのです。

最初は、上手にはできないかもしれないし、周りの人も、少しびっくりしてしまうかもしれません。

それでも、自分を許して、相手を許していくうちに、周りの人たちがしっかりと見ていてくれて認めてくれるようになります。

器が大きくなるというのは、結局、自分と向き合うことなんですよね。

これが出来ると、成長のスピードがものすごく早くなります。

器が大きくなる瞬間を、間近でみられるのは、とても幸せなことです。

感謝の気持ちでいっぱいになります。
ありがとうございます😊

(ちなみに写真は、今までの大道芸のパンフレットです!11月には、いよいよ大道芸が始まります)

via PressSync

つながりと出会いに感謝すること

つながりや出会いがあると、そこから学ぶことや発見があって、とても楽しいものです。

つながりがあることは、当たり前でなく、人に助けてもらっていることを感じたり、共感したりするものです。

日々の出会いや、つながりを大切にして、そこから自分に与えられるものを見つけていきたいものです。

強みを意識的に役立てながら、互いに成長していきたいです。

1人ではできないことも、知恵を出し合う中で、できることが増えていきます。

つながりや出会いに感謝をして、日々過ごしていきたいものです。
via PressSync

誕生日こそ与える日と考えて感謝すること

誕生日は、いくつになっても嬉しくて、自然と周りの人から「おめでとう!!」と言ってもらって、自分も周りもハッピーになれる日ですよね。

そんな、誕生日こそ、産んでくれた両親や、家族や、身近な人に感謝する日だときめて、自ら感謝して与えると、それが新しい価値となって、幸せが連鎖していきます。

「幸せだから与えられる」

「幸せだから、より感謝できる」

のでしょう。

幸せな人の周りには、より幸せが広がって行くので、互いに幸福度も増していきますね。

誕生日こそ、感謝して、与える人になりたいと思ったのでした。

社員面談でも、自分の行動を振り返りながら、幸福度が増すお手伝いをさせていただいています。

幸せになって与えることで、より幸福度を高めていきたいですね^_^

via PressSync

周りの方々の優しさに感謝する社員面談

身の回りにいる方々が、優しくてあたたかで、本当に幸せだと感じます。

つながりが幸せを作るのだと、心から感じています。

チャレンジの機会を与えていただいたことに感謝。

また、一歩前に進む力を得ていることに感謝。

見守って、応援してくれる仲間がいることに感謝。

笑顔で楽しめる環境に感謝。

自分自身に感謝。

このように、感謝から幸せが作られていきますね。

また、前に進んでいきたいものです。

社員さんの次の一歩も応援出来るように、これからも社員面談でサポートさせていただきます!

via PressSync

思考の整理をすること

本当に必要なものを吟味してみると、案外、普段は使っていないものが多いことに気づきます。

大切なものが、大切な場所になくて、必要な物を置いておくスペースが確保できない…なんてことが結構あります。

何年も使っていないのに、なんとなく置いてあったり、置いてあることすら、すっかり忘れていたりで、大切なものを、ないがしろにしてしまうのかもしれません。

そもそも、大切なものと必要ないものを分ける時間も確保できていないのなら、気がつかないままで何年も過ぎてしまうこともあります。

自分の時間と空間を大切にするために、必要な物だけ吟味して、必要なものに囲まれて過ごしていきたいものですね。

社員さんとの面談でも、思考の整理をしていきます。

優先順位をはかりながら、価値ある仕事をしていきたいものですね。

via PressSync

幸せなチームのメンバーと語り合うこと

それぞれの良いところを認め合って、頑張ったことを称えあうと、とても幸せな空気が流れていきます。

そこにいるだけで幸せで、より良い未来を作っていく言葉にあふれます。

よい言葉の中にいると、自然と笑顔になりますね。

幸せな時間は、次に働くときの力となって、わくわくした気持ちにつながります。

チームで幸せな時間を過ごして、強みを使いながら、また成長していきたいものですね^_^
via PressSync