得意も弱さも認めていくこと

誰にでも、得意なことと苦手なことがあります。

仕事では、得意がしっかりと発揮されて、効果的に成長していけるのですよね。

そして、逆に、得意ではない苦手なことも出てくるわけです。

そんな、苦手なことは、得意なことをいっぱい生かしている訳ですから、チームで補っていけば良いのですよね。

信頼しあいながら、得意を出し合える組織は、チームとして大きく成長していけるのです。

誰にでも、得意と苦手があるものです。

弱さを自分自身が認めて、受け入れると、人にも優しくなれるし「助けて!」が言えるようになりますね。

社員面談は、自分の強みも弱みも受け入れる時間。
研修は、信頼関係を築いて、得意も苦手も出し合える場。

なのですよね。

得意も弱さも受け入れていきたいものですね。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら