コーチングでの強みや才能の生かし方

強みや才能は、息を吐くように出来ていることなので、

「なんで、周りの人はこんな当たり前のことができないのだろう?」

と、思ってしまうほど、自分では強みだと気付いていないことが多いのです。

そして、自分だけでは、どんな風に使ったら人の役に立つのか、なかなか分からないものです。

そんな時は、どんな場面で役に立っているのか、フィードバックをもらうことで、より、強みや才能を生かすことができます。

才能や強みが、人の役に立って、仕事に生きることが分かると、上手に使っていけるものです。

無理して苦手なことに取り組まなくていい、というのも、強みの良さでもあります。

得意なことの組み合わせで、苦手をカバーしあったり、また、信頼関係を作ることで助けてもらうこともできますね。

強みを使い合える安心安全な環境は、生産性を上げて、生産性を上げていきます。

強みを使った働き方を目指していきたいですね。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら