不得意な事は、いさぎよく諦めること

私のうっかりは、今始まったことではなく、まぁずっと前から変わらなかったのです。

仕事の名刺にも書くほど、うっかりしています。

何とか努力で直そうとしましたが、なかなか難しい。

今回は、いさぎよく諦めることにします。

なぜなら、うっかりを直す労力こそが、ムダだと気づいたからです。

得意な事は、得意なのでほっといても強みとして現れます。

しかし、苦手な事は、どんなに頑張っても平均になるかならないか位で、しかも、そこに労力を使いすぎてしまうと、本当に必要なことに自分の力が使えなくなってしまいます。

ついつい苦手なことを克服しようと思って、頑張っちゃうんですよね。

でも、苦手なものは苦手なのです。

どうせなら、そこを諦めることで、その時間を、もっと有意義な事に使えた方が良いのではないかと思ったのです。

苦手なことを諦めるだけでも、ずいぶん時間の使い方が変わってきます。

失敗した自分を、そんなに責めなくてもいいのかな。

苦手なことを諦めて、自分をラクにしてあげることにします。
via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら