親指シフトを使い始めました。

この記事は、音声入力とフリック入力(スマホ)で書いています。
昨日から、キーボード入力の速度を上げ生産性を高めるために、「親指シフト」と言う方法で書くことを試しています。

何しろ、私は動くまでに非常に時間がかかります。

何年か前に、いちどチャレンジしたことがあったのですが、すぐに挫折してしまいました。

あれから先送り先送りして何年も経ってしまったと言うわけです。

その時はやまぶき(R)と言うものを使っていたのですが、今はNICORAと言うもので行います。

何年か前にやり始めた時は本当に本当に大変でした。1文字打つのに何分もかかりました。

今日はと言うと、時間はかかるのですが、いちど苦労をしているので、チャレンジすることが楽しいと思えるようになりました。

とは言え非常にタイピングが遅く、非常に肩が凝ります。

これから、少しずつ親指シフト入力に慣れていきたいです。そして、今度こそ習得したいと思います。

文字を打つ負担を減らして、生産性を高めていきたいです。

半年位かかるかな。ちょっとずつ頑張っていきますね(╹◡╹)

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら