今日は、日本選択理論心理学会の静岡支部の研究会でした。

今回はリード役を担当して、私自身も、改めて選択理論を学ぶ機会となりました。

自分の生活に役に立って、楽しく学べるようにワークを作りました。

夢や願い、これから得たいものなどを話し合いながら、なりたいイメージを明確にしていきます。

そして、選択理論用語も一緒に学んでいく…という感じです。

今日は、知覚のシステムがテーマでした。

私たちが見ている世界は、同じものを見ていても、人によって見え方が全く違います。

見方や感じ方、そして願っているものや満たしたいもの、それぞれが違うということを理解するだけで、人への理解が深まるのかもしれません。

選択理論は、学べば学ぶほどその都度気づきがあると感じます。

これからも自分の人生を自分でコントロールしていたとの違いを理解しながら協力して進んでいきたいと感じました。

協力いただいた皆さんに心から感謝しています。
どうもありがとうございました。
via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら