型があるということ

きのう、選択理論のカウンセリングを、仲間と一緒にオンラインで学びました。
自己流ばかりでない環境で、カウンセリングを磨くことが、自分のスキルにとって役立ちます。

選択理論には、ある程度型があります。
型があると、シンプルで分かりやすいのです。
そして、型があることで、流れが美しいと感じるのです。

わたしも以前は、資格を取るために、毎朝オンラインで友達と学び合っていました。
その時の学びが効果的だったかどうかは分からないのですが、努力はたのしかったです。

あの、毎朝学んでいた日々があったから、今、カウンセラーになれているので、なんだか過去の頑張っていた自分が愛おしく思えました。

昨日は資格を目指している方とご一緒させていただき、わたしの気持ちもシャキッとしました。

毎日練習していた経験が、今のわたしの自信につながっています。

これからも、カウンセリングを楽しんでいきますね!!

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら