家族の優しさについて思うこと

相当なうっかり者の私は、家族にとてもお世話になっていると日々感じています。

最近、家族とはゆっくり話していないのだけど、いつも優しいと思うのです。

今まで、「優しさ」は、いいこともあるけど、「弱い」というイメージでもあると感じていました。

ちょっとネガティブなイメージを持っていました。

でも、最近はちょっと違います。

堂々と優しさを示して、感激したら一緒に笑い合う仲間に出会ったので、どんどん感情を表に出して良いことを知りました。

私にとって「自分らしく生きる」とは、身近な大切な存在ほど、堂々と優しさを示すこと。

…だと思います。

私は、家族にとても感謝しています。

だから、堂々と、夫や家族に感謝を伝えて、私自身も優しさと愛をを表現していこうと思います!!

「うっかり者の私を、いつも優しく支えてくれてありがとう!」

と、伝えることにします^ ^

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら