時間割引率を下げるためにしていることを考えてみました。

時間割引率を下げるためにしていることを考えてみました。

わたしは、いつも動物的な感覚で生きていることが多くて、時間やお金を無駄にしてしまっているのではないかと思うのです。

それでも、時間割引率を下げるために行っていることはたくさんあって、これは少しずつ学びながら身につけてきたことだと思います。

【時間割引率を下げるためにしていること】

①ホットクックとヘルシオを使って料理をする。

ホットクックとヘルシオは、わたしにとっては高価な調理家電です。

でも、調理家電への投資をしたことで、健康的な食生活と、作業時間を減らすことの両方が手に入りました。

健康であるということは、中長期的な幸せを作るものなので、ないがしろにすることはできません。

②引っ越しをして睡眠優先の生活にする

自分と家族の睡眠を大切にするために、引っ越しをしました。

現代では、睡眠がないがしろになってしまいます。
睡眠時間を確保するために、引っ越しをしました。

よく眠れる環境を作るというのが、未来の自分や家族の健康に1番大切なことだと知りました。

1日8時間眠ると、幸福度も上がっていると感じます。

③ドルコスト平均法を始める

収入の2割をドルコスト平均法にすることができるようになってきました。

年収300万円の人も、年収1000万円の人も、収入を投資に回さないで使ってしまったら、自分への投資ができないまま終わってしまいます。

収入の中で、2割を投資に回すことを意識して、こつこつと積み重ねていきます。

すぐには増えない訳なのですけど、時間をかけて自分に返ってくるイメージでいます。

…このように、時間割引率を、下げるためにしていることがあります。

でも、何しろ感覚的にいつも動いてしまっているので、何とかしなくてはならないと感じます。

自分の感性だけを頼りにするのではなくて、人の力をかりながら、進んでいくことを学びたいです。

今日もありがとうございました。

via PressSync