コミュニティーの中では、周りの方々がMVP1位を奪い返すための戦闘態勢に入っていたのでした。

コミュニティーの中では、周りの方々がMVP1位を奪い返すための戦闘態勢に入っていたのでした。

わたしは、昨日オンラインサロン勝間塾のコミュニティーの中で、メンバーの方に

「わたしの中で、今月のMVPは〇〇さんです!」

と書き込みをしたのでした。

なぜなら、昨日の朝、書き込みにすっかりだまされてしまって、感情が大きく動いたからでした。

わたしが見る限りでは、先月も、その前も、何ヶ月もずっと1位の方は決まった方が取っていました。

MVPは気にも留めていなかったわたしは、「へぇー、そうなんだー。」と思ったものでした。

1位の方は、仕組みを構築されていて、自分の得意なイベントでFacebookグループを作って、そのグループ内での勉強会をやっています。

しかも、塾生なら誰でも嬉しい「7つの習慣」の勉強会なので、どれだけ勉強しても面白いはずなのです。

わたしは、少しの間Facebookグループに所属していて、あの仕組みがあるからMVPが取れるのだなぁと思ったのでした。

イベントに参加すると、Facebookグループにも入るという仕組みだからです。

Facebookグループに入ると情報が入ってきます。
それで頻繁に目にすることになるのです。

そのグループの中でもイベントがあるようなので、欲求充足できるのです。

「仕組みがうまく回っている」という感じです。

あれは、強いだろうなぁと思いました。

でも、わたしはちょっと居心地悪くてそこから出ました。

今までも、別の所で同じような経験があって、「これは自分らしく居られないな」と思ったのでした。

自由の欲求が高いので、自分の性分でこれは仕方がないのです。

だから、あの仕組みに対抗するには、メンバーの力が集まらないと難しいのだと思います。

そうか、わたしが戦闘態勢に入るような言葉を使ったので、周りがそのように動き始めたようです。

わたしは今、戦いたい訳ではないのだけど、たしかにずっとこの状態は、何となく良くないような気もします。

順位が変わらないのは面白くないからです。

こんな時、あずきこさんだったら、どうかなー。

あずきこさんだったら、自分が1位でなくても、変わらず自分の力を発揮されて、みんなにコメント欄や投稿で毎日giveし続けていたと思うのです。

そうです、グループ内でも意見を述べるけれど、いつもコミュニティーの中で活躍されていたのです。

あれは、同性のわたしから見てもかっこよかったです!

今、1位の人は、多分譲りたくないのだろうな。

それでも、空気を読むばかりではなく、しっかりと登場して意見を述べて欲しいと願っています。

その方がかっこいいじゃないですかー!

わたしは、この順位争いには全く関係ないところにいまして、順位も何番か分からないくらいのところにいます。

それでも、わたしの昨日のひとことによって、生まれた動きというのは、ちょっと目が離せないです。

これからどうなるのかなー。

楽しみです!
via PressSync