多様性を受け入れることが結果的には自分を受け入れることになって幸福度も上がっていくことを感じます。

多様性を受け入れることが結果的には自分を受け入れることになって幸福度も上がっていくことを感じます。

今日は、やはりチームと言うのはメンバーが対等でなくてはうまく機能しないなぁということを感じました。環境は、じわりじわりと変わっていくので、少しずつ情報を自分の中に入れていくことが大事なのだとおもいます。

力を持っている人が発言権を持って、そうでない人は自分の意見が言えないような状況だと、チームに力を注ぎ合う事は難しいですよね。一人一人の個性を理解しあいながら、協力関係が築けると良いなぁとおもいます。

力関係で支配するのではなくて、協力関係。

その方が多様性は受け入れられるし働きやすいんじゃないかなぁと言う気がします。

一人ひとりの望んでいる働き方は違うと思うけれど、チームの幸福度が上がるような働き方が、一人ひとりの幸せにつながるのだと思いました。

今日は、「チームのことだけ考えた」という本を読みました。安心して働き続けられる環境を作ることが、多様な生き方の選択肢を作るし、チームの色も豊かになって、結果的には幸福度が上がっていくことを感じました。

多様性を理解するためには、相手を理解することがとても大切ですよね。男性が子育てを経験することなどは、男性社会において女性や社会を理解するのに役に立つので、その人自身の大きな強みになるのだろうなぁと思いました。

これからも、こつこつ学んでいこうと思います。

今日もありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら