私がどんな人になりたいのか。

私がどんな人になりたいのか。

私は、ずるいところもお人好しなところもあって、まぁそういったところがあるのが自分なんだろうなぁと思います。

私はすごい人でもないので、すごい人にならなくてもいいとわかった時は、「あー自分は自分でいいんだなぁ」と言う気持ちがしました。

ネガティブなフィードバックも、まぁそれは仕方がないなぁと思うし、受け入れるようになったら、ありのままの自分でいられるので、それはそれでよかったんじゃないかなぁと思います。

最初の頃は、周りの人が悲しそうな表情をしていたり、何となく辛そうな顔をしているときは、同調して私も共感したかのように辛くなっていました。

今はそうでもなくて、なんというか「この人なら大丈夫だなぁ」と言うふうに思うようになりました。

大抵それは、本当に悲しんでいたわけではなくて、筋トレの1部で私のトレーニングになっていました。

もしこれが本当であっても、やっぱり「この人なら大丈夫だろうなぁ」と思うのです。

私は与える人にはなりたいけど、疲弊ばかりは嫌なので、困ったなぁと思います。
本当は、相談したかったんだけどなぁ。
しかし、枠の中にいるのでできることも限られているから今は仕方がないな。

それでは今日も散歩に出かけてきます。

ありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら