目の前にいる人に合わせて、ルールが柔軟に変わっていく。

目の前にいる人に合わせて、ルールが柔軟に変わっていく。

私がいいなぁと思うな保育士さんは、目の前にいるお子さんの性質や発達に合わせて、保育をされます。

その保育士さんの言葉は、「答えは目の前のお子さんが持っている」です。

そういえば、子どもが通っている歯医者さんも、患者さんから学ばせてもらって、治療をするのだとおっしゃっていました。
わたしにはよく分からないのですが、矯正のやり方も柔軟に変わっていきます。

働きやすい職場のルールは、多分、そこにいる人に合わせて、柔軟に変わっているのだと思います。

負ける気がしない

というのは、パフォーマンスが発揮しやすい働きやすさにもあるのだと思いました。

時代も変わったのだから、型にはまるばかりではなくて、多様性を受け入れていった方がいいような気持ちになりました。

今日もありがとうございました。

via PressSync