フィンランドの教育について学ぶ!

今週の勝間塾サポートメールは、「現代の日本の教育の問題点をみんなで考える」がテーマです。

今日は、フィンランドの教育について学びました。

フィンランドは、先生が3〜5年の契約で、先生同士を競わせるのだそうです。そして、良い先生はより良い学校へ配置されます。

私立がなく、公立の学校しかないのです。

公立をよりよくするために皆が同じ方向を向いている印象を受けました。

日本との大きな違いのひとつとして、宿題がない。
…のだそうです。

宿題がないのに、学力は日本よりもずいぶん高いのです。

すごいなぁ〜!!

日本なら、勉強で分からないところがあろうがなかろうが、中学卒業まではどんどん進級しちゃうイメージです。

でも、フィンランドでは、分からない単元があったりすると、進級せずにできるようになるまで学ぶそうなんです。

わからないことがわからないまま終わる…なんてことがないのですね。

「分かる!」が増えれば楽しいし、生きる力になりますよね。

知れば知るほど、フィンランドの教育は素晴らしい!と感じます。

その代わり、「お金がかかるのではないか」と心配に思ってしまいます。

気になる国の家計である財政の面をどのようにしていくかについては、明日学ぶことができるようなので、楽しみにしています!

「手が届かない」と思っていることでも、みんなで知恵を出したり考える機会をいただくと、「手が届くもの」に変わっていくように感じています。

集合知に感謝して、日曜日まで教育について学んでいきたいと思います^ ^

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら