ああ、そうか。giveの5乗や利他的というのは、世間では少数派にいる人種だったのかー。

ああ、そうか。giveの5乗や利他的というのは、世間では少数派にいる人種だったのかー。

当たり前のように「giveの5乗」とか「利他的」と言う言葉を使っていると、そういった人に囲まれているのが当たり前だと思っているのですが、確かに世間一般では少数派なのかもしれないなぁと思います。

…と、このようなことに気がつけるのも、今だけで、あとわずかの期間で終わるので、全く気がつかないまま、これからは過ごしていくのだなぁと思います。

そして、少数派の仲間もこれからは、自分のことをもっと考えてさらに自分の幸せに力が注げるようになります。

私自身は、これから多数派の仲間に入っていきます。
いや、やっぱりこれから入る環境も、今ほどではなくても、giveの5乗なのだろうなぁ。

自分を受け入れて、環境を受け入れて、自分を許して、感謝しながら楽しく過ごしていきたいなーと思います。

自分の行動を決める心の中の言葉の中に、利他的な仲間を思い浮かべて、「仲間だったら今はどんな風に言うだろうなぁ」とか、「仲間だったらどんな選択をとるだろうなぁ」とか、考える瞬間があります。

心の中の上質世界の言葉によって、私はすーっと自分を許し、周りを許し、心が軽くなるような気がしています。

自分が手にしたものや、得ているものに感謝をしながら、また歩いて行きたいなぁと思いました。

今日もありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら