「情弱なバカ」の私が、情弱であることを受け入れること。

「情弱なバカ」の私が、情弱であることを受け入れること。

私は、自分が勉強ができないばかりに、子供たちには勉強が出来るようにしてあげたいと思って、教育費に家計の多くを投入することを行ってきました。

情報や知恵や生き抜く力を持っていたら、もう少し別なところにお金を使い、違った生き方をしていたかなぁとさえ思います。

たしかに、経営者さんが、私立にお子さんを入学させるのは見かけるけれど、逆に経営者でも、なるべくお金をかけないでお子さんを学校に入学させることも見かけます。

お金に対する考え方をしっかり持っていて、常に適当でなくシビアに判断していることを感じます。

私は、割とお金に関しては適当に生きているので、よく考えてシビアに生きている人を見ていると、非常に勉強になるなぁと思います。

お金について考えることは、もしかしたら自分を大切にすることにつながるのかもしれないなぁと思うほどです。

お金のことも頭に入れながら過ごしていこうと思いました。

今日もありがとうございました。

via PressSync