おせち料理を減らしたお正月。

おせち料理を減らしたお正月。

いつも、年末と年始はとても出費が多くて、そして砂糖も摂りすぎるので太ってしまいがちです。

もちろん、今年もお餅を食べたりしているのですが、なるべく食事に気をつけようと言う気持ちで過ごしています。

今年は、おせち料理をなるべく作らないで過ごしました。

年末におせち料理のレシピをあれこれ調べていたところ、おせち料理には砂糖が多いことに気が付きました。

おせち料理を食べることで、普段から身に付いている生活習慣が変わってしまいそうな気がしました。

おせちらしいもので食べたものといえば、
子供が学校の宿題で筑前煮を作ってくれました。砂糖を入れなくても、野菜の旨味が出ていて、とてもおいしかったです。
義理の母からいただいたお煮しめもありました。
次女が喜びそうだので数の子は買ってみました。

お雑煮は、ホットクックで里芋と大根を煮て、お餅は入れない状態でお吸い物としていただきました。

なるべくお砂糖を取らないで過ごしてみると、案外お正月でもできるのだなぁと言う印象です。

近所での散歩も普段通りできますし、年末年始に大きく生活習慣を変えなくても、何とかなるものですね。

これからも、自炊をしながら生活習慣を整えていきたいです。

毎日の積み重ねには意味があることに、納得しながら理解していくと、日々の習慣が続きやすいのだと思いました。

今日も、周りの方に感謝の1日でした。

ありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら