「リーダーのあるべき姿」稲盛和夫

「リーダーのあるべき姿」稲盛和夫

今日も稲盛和夫さんの本を読んで、自分の行動とあり方を改善していきたいと思っています。

人はどこまでも努力をし、手入れをして、利他の心で謙虚な気持ちで過ごしていく必要があることを学びました。

成功したからと言って、努力をしないでいると、あっという間にうまくいかなくなってしまいます。
自分のあり方や考え方が利己的で楽をしてしまう方向に向かうと、あっという間にチームは坂をコロコロと転がってしまいます。

だから、終わりなく努力をし、さらに謙虚な気持ちで感謝をして過ごしていく必要があります。

すべては、自分のあり方が正しい方向に向いているか、感謝をしているか、利他の心でみんなのことを考えているか、と言うことが成果と言う形で返ってくるのだと学びました。

しっかりと現状を把握出来る様にフィードバックしてすぐに改善する仕組みを作り、実践していくこと。

周りの人を愛し大切に思い、そして大切にされるような存在になること。

人の学びには終わりがないことを感じ、少しずつでも自分の行動を改善し、精進していきたいと思いました。

今、この本を半分位読んだところです。
さらに続きを読んで学んでいきたいです。

今日もありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら