マインドフルネス

優しさ+思いやり+好奇心で心の筋肉を鍛えよう!

今日は、日本カウンセリング学会静岡支部研究会でした。

担当されたのは、早稲田大学文学学術院の越川房子先生です。

マインドフルネス瞑想の理論と実践を学びました。

瞑想を行うと、とても心地よい気持ちになります。

瞑想しながら、気持ちが飛んだら戻る、気持ちが飛んだらまた戻る。ことの繰り返しをします。

「常に無にならなければいけない」と思っていた私は、瞑想のハードルが低くなり気持ちが軽くなりました。

別の考えが浮かんだら、「気づいて戻る」ようにすれば、いいのだそうです。

この、戻ってくる作業が「心の筋肉を鍛える」ことに繋がります。

実際に、瞑想をしてみると、心の散歩をしている自分に気づきます。

どんなことを思い浮かべていたのかというと。

「背筋に感覚を向けすぎて、辛くなっている自分」

「来週の仕事に向けての準備を考えている自分」

「周りの人の役に立つために何ができるかと考えている自分」

などが浮かんできました。

そして、また思いやりと好奇心を持って元に戻ることをしました。

私たちは、心の中で批判や批評をしてしまう時に、思考のループでどんどんマイナスな気持ちになってしまいます。

そんな時こそ、気持ちをもとに戻すトレーニングが必要なのです。

「気づいて戻る」瞑想のトレーニングは、普段の生活の中にも役に立つそうです。

その時「好奇心」と「思いやり」を持って戻ってくると、心が柔らかくなります。

越川先生は、「心の散歩」という表現でおっしゃっていました。

心の散歩という表現は、なんだかいい感じです。

日常の中で、マインドフルネスを実践して、上手に使い分けていきたいと思いました。

ありがとうございました^^

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら