カウンセリングと成長促進

「カウンセリングへ行く」ことは、以前に比べてどんどんハードルが低くなってきました。

心が苦しくなると、病気でないのに、体にも痛みを感じたりします。

それほど、心と体はつながっているのでしょうね。

心と体が苦しい時、カウンセリングに行く事で、新たな視野を手に入れることもあります。

クライアントさんは、ご自身の「辛さ」や「しんどさ」に寄り添って、自己開示をして、ご自身の思いに向き合うこともできるのです。

自己開示で自分に向き合えた瞬間に、クライアントさんの成長が生まれます。

悩んでいることや困っていることは、少しだけ視野を広げてみると、別の見方で考えるきっかけになるのでしょうね。

ひとりでは出来ないことも、つながりを感じて、誰かと一緒に行うと、あっけなく出来たりします。

カウンセリングをすると、成長につながることも多いのです。

「辛いことが、いつの間にか成長に変わる。」

…なんとなく、分かる気がしますね^ ^
via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら