アサーティブコミュニケーションについて学んでいく。

アサーティブコミュニケーションについて学んでいく。

私がアサーティブコミニュケーションを知ったのは、2人目の子供が生まれて、たまたま公民館で見かけたチラシにアサーティブと言う言葉が書かれてたのに興味を持ったことがきっかけでした。

自分も相手も大切に出来るコミュニケーションがあると知って、自分も身につけてみたいと思ったのです。

自分が住んでいる地域でも講座が行われると知って、アサーティブコミニケーションのを学ぶ機会に出席しました。

学んだからといって、すぐに自分のコミニュケーションが変わるわけではなくて、私の場合は大抵ネチネチ我慢して、ある時ドカンと爆発すると言う感じで、うまくいかないことが多かったです。

平木典子さんの本を読んだり、その後知り合いでアサーションに詳しい人がいたので教えてもらったりしながら、少しずつ学んでいるところです。

これからも少しずつアサーティブを使いながら、学び続けて行けたら良いなぁと思います。

自分も相手も大切にできたら、いいですよね。

今日もありがとうございました。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら