愛所属の欲求を満たしながら人と関わること

選択理論心理学では、生まれつき持っている5つの欲求、基本的欲求があると言われています。

基本的欲求

  • 愛、所属の欲求(愛し愛されたい、協働したい)

  • 力、価値の欲求(貢献したい、価値を感じたい、勝ちたい)

  • 自由の欲求(自分で選びたい)

  • 楽しみ(楽しみたい、学びたい)

  • 生存(食べたり飲んだり寝たり、生存に関わるもの)

この、5つの欲求のうち、相手が必要で一人では満たせないものが、愛所属の欲求です。

人の悩みのほとんどは、人間関係によるものです。

だから、愛所属を満たすことは、人の幸せにとって、重要です。

愛所属の欲求が高い人を見ていると、海のように愛情が溢れていることに気づきます。

上手に満たしている人を見ていると、優しさや愛情深さを持っている人の周りには、同じように優しさを持っている人が集まっていることに気づきます。

周りの人を愛情深く包んでいる姿は、ご自身の愛所属の欲求を満たして幸福感を感じているだけでなく、周りの人にも幸せを広げているのでしょうね。

わたし自身も、

「人は、一人ではいきていけない」

ということを、もう一度見つめ直していきたいです。

身近な人を大切にしながら、自分の愛情も一緒に満たして行くことができたら、より幸せな毎日を満たしていけるようになるでしょう。

持っている愛情を人と関わる中で使い、愛所属を満たしていきたいと思いました。

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら