遊覧船で魚とウミガメを見ました。

遊覧船で魚とウミガメを見ました。

今朝は、遊覧船に乗って、宮古島の海の中の様子を見ました。

サンゴの周りに住んでいる小さな魚や、大きなアジの仲間も見ました。

遊覧船が来ると、エサがもらえるので、海の魚が寄ってきます。

海の魚は、警戒心が強いそうで、「この船は安心だ」と思って貰うのに1年かかったそうです。

釣り船のように魚を釣らない上にエサももらえるので、遊覧船の船が近づいて来ると、大きな魚も一緒についてきます。

小さな魚は身の安全を確保するために、サンゴからはあまり遠くには行かないそうです。

大きなアジは、遊覧船にずっとついてきて、エサをもらいにやってきます。

美味しいマグロの餌は、大きな魚がサッと寄ってきて、パクッと食べていきます。

小さな魚は、乾燥したエサを後から食べに寄ってきます。

エサはあっという間になくなっていきました。

最後に、ウミガメが泳いでいる様子も見ました。

宮古島では、ウミガメがかなりの確率で見れるということで、私も見られて嬉しかったです。

お昼は、橋を渡ったところにある、漁港で地元の魚を食べました。

ところが、地元の魚というのが、カツオやマグロでした。

これでは、静岡と変わらないなぁと思って、カツオをちょっぴりと、海ぶどうと宮古島そばを選びました。

ドライブの途中の、海沿いの景色も美しくて、遊覧船が楽しかったです。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら