自分を知ることと相手を知ること、違いを理解することが大事なんだ

自分のことは、自分自身が分かっているようで案外分からないものです。

だから、いろんな形で自分自身が自分を知ることは、とっても大切だと思うのです。

わかっているつもりの「わたし」を理解できるチャンスですからね。

そして、自分を理解して、その時々の「わたし」を観察してみるんです。

「わたし」が観察できたら、安心できる場で、自分のことを周りの人に話してみましょう。

フィードバックをもらえると、よりいいです。

フィードバックを受けた時に、自分の感じ方を心に留めておくのです。

・フィードバックを聞いて、どんな風に感じましたか?

・自分になんて言ってあげたいですか?

・どんな風に励ましたいですか?



次は、周りの人を知る機会を作ります。

身近にいる安心できる人の話を聞いてみましょう。

「ありのまま」の話を話を聞いてみて、ありのままを相手に伝えます。

その時の、あなたの感じ方も意識してください。

人と自分の共通点や違いも知ると、学びになりますね。

人と自分のちがいを理解できるだけで、人との関係が随分ラクになります。

自分を知って相手を知る機会を作っていきたいと思いました^^

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら