ADHDの天才性に触れるひととき

今日は、静岡のエニシアで行われた「発達凸凹カフェ」に参加しました。

スピーカーの岡さんから、ADHDの天才性について教えてもらいました。

岡さんは、営業の仕事をしていた頃、

多動性と衝動性を使って、成績がトップだったそうです。

初めての場所でも怖がらずに飛び込み営業ができるので、成果が上がったとのことでした。

思ったことはすぐに口に出す素直なところがあって、これも特性なのだそうです。

岡さんは、日頃のミスを減らすために、手帳をつけることと日誌をつけて確認することの工夫をされています。

手帳の習慣を持つことで、仕事のモレをなくして正確に行っているとのこと。

さすがですね。

そして、過集中による効果もご自身でわかっていて、自分らしく目標達成する方法を何と無く知っていることがわかりました。

岡さんの周りには、岡さんの良さを受け入れている優しい友人の方々がいらして、岡さんの明るくて楽しい人柄をよく理解されていました。

ADHDを前向きに感じている方々が集まっていて、とても雰囲気が良かったです。

岡さんの天才性に触れて、ADHDの才能の素晴らしさに気づきました。

とても楽しいお話でした。ありがとうございました^^

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら