自分の弱点を自分で知り、失敗してもやり直しを行いながら進んでいくこと。

自分の弱点を自分で知り、失敗してもやり直しを行いながら進んでいくこと。

自分の弱みや苦手なことを自分で知ることは、とても大切です。

弱みなので、大抵は失敗が起きて、毎回同じような場面で同じような結果となります。

弱みなので、簡単にうまくはいきません。

それでも、チームで動きながら周りのアドバイスを聞いていくと、いつも取りやすい行動を変えるチャンスが生まれます。

その時、行動に変化をつけて、失敗してもやり直しを行います。

失敗を受け入れて、やり直しながら、自分の弱みに気づき改善します。

すると、今まで取りやすかった行動が、少しだけ変わっていきます。

振り返りながら進んでみると、本当に得たいものではないのに、簡単に動いていた自分に気づいたりします。

コントロール関係にあるような相手がいる場合は、互いの時間とお金を奪い、信頼関係まで失ってしまいます。

いち早く気づいて、本来の信頼関係を作る努力をしていかなければなりません。

やり直しをしながら、改善していきたいものですね。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら