もしも、人の話を真に受けてしまいがちだと気づいたら。

もしも、人の話を真に受けてしまいがちだと気づいたら。

ごくまれになのですが、人の話を聞いて、そのまま真に受けて信じてしまいがちなタイプの人がいます。

その人自身は、聞いた時には、真に受けているので、ほんとうに相手の話を信じて行動しています。

大きな決断だとしても、あまり関係なく動いています。

夢中になっている時には分からないかもしれませんが、時間の経過や関係性が変わってきた時には、自分にコントロール出来ることで、仕組みを変えた方がいいかもしれません。

真に受けなくても良い関係を作ることができたら、まずは、自己犠牲を選ぶクセから離れられます。

しばらくして、もう一度考えてみるのです。

「んっ?待てよ。この方向でいいのかな。」

「うーん。ちょっと違うような気がするなぁ。」

…という感じです。

そして、本人が思っているよりも、周りの方が慣れたものなのかもしれません。

「またやっているな。」

と、思っていたりするものです。

考えた末に、何も行動しなくても良かったことに気づいたりします。

あちこち思考を巡らせて、結局、同じところに戻ってくるのは、なんだか面白いですね。

周りの方々に感謝をしながら、日々過ごしていきたいものですね。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら