怒りのコントロールについて考えると、怒った自分に対処出来るようになりますね。

怒りのコントロールについて考えると、怒った自分に対処出来るようになりますね。

怒りを感じやすい人でも、そうでない人でも、怒りのコントロールを知っておくことは役に立ちます。

怒りを感じたことがある経験を元に、なるべく小さな行動レベルで、怒りを感じなくても済む道を選びます。

そして、ある程度の睡眠時間を取る習慣をつけて、食生活を整えて、怒りをコントロールできる自分を作っておくのも大切です。

疲れていると、必要のない怒りに支配されてしまいます。

人との比較も怒りに関わってくるので、自分で自分をいたわり、一瞬比較しても、自分の得ているものを見つめながら、自分を大切にしていきたいものです。

怒っていると、選択肢も、おかしなものを選びがちです。
無意味に物を購入して、お金を使って後で後悔したり、お酒やお菓子で紛らわせたりと、後からの反動がきてしまうので、日々自分が触れる物も選んでいきます。

怒りを感じる時には、自分の願望の何かが満たせていないこともあります。
少しずつの行動レベルで良いので、自分の願望を棚おろししながら、もう一度見直して選びなおしていくのです。

人の行動には、目的があり、その時に最善な物を選んでいます。
ですから、自分の心の声に耳を傾けて、自分が欲しいものを見つめながら、自分で選んでいきたいですね。

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら