年収が1000万円以上あるのに、なんとなくリーダーが幸せを感じられないのはなぜか。

年収が1000万円以上あるのに、なんとなくリーダーが幸せを感じられないのはなぜか。

「年収が高い=幸福度が高い。」

…と、私たちはついつい思ってしまうものです。

そして、収入が高ければ幸せになるだろうと自動的に思って、数値だけを追いかけて働いていきます。

では、質問です。

実際に、数値目標を達成した後、もともと得たかった幸福度は、上がっているのでしょうか。

実を言うと、

お金は、不幸を予防する効果はあっても、長く続く幸せには直接はつながりにくいのです。

数値だけを追いかけていると、幸福度は上がらず、かえって精神的に疾患を患ってしまう場合もあります。

だから、日々自分の幸せを選ぶのは、幸福度を上げるのに、とても役に立ちます。

リーダーの幸福度が上がると、社員の幸福度も上がります。

オフィスこつこつでは、どのような行動習慣が幸せに役に立つのか、一緒に考えていきます。

社員の幸福度をあげて、しあわせな組織を作っていきましょう!

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら