リーダー自身が自分に負荷をかけてチャレンジすることに効果がありそうです。

人は、今いる環境に慣れてしまうので、変わらないでいると、ついつい自分に甘くなってしまいます。
そして、時間ばかりが過ぎてしまい、成長する機会が奪われていきます。

時間は有限で、何に時間を費やすのかは、しっかりと考えていかなくてはいけません。
どのようにして、未来のことを考えて進むのかは、とても大切なことです。

人間関係の資質が高いと、自分のために行動することよりも、人のために考えたり動いたりすることがとても多いものです。

結果的に、人のために多くの時間を使ってしまい、自分自身に目が向かない状態になります。

そんな時は、人間関係の資質が低く実行力が高いメンバーをロールモデルとして真似すると良さそうです。

人間関係の資質が高い人は、人に興味があるので、その人の行動に興味を持って取り入れたりします。

自分自身に負荷をかけて、チャレンジすると、自分の目標に向かって達成することができます。

あくまでも、自分の目標に一致しているかどうかで、行うことを決めていきます。

常に自分の目標と照らし合わせていくのですね。

嫌なことや苦手なことも、目標に向かってチャレンジしていく姿勢があれば、必要なことと割り切って行うことができます。

目標を、決めるときには、なかなか1人では難しいのでコーチングサポートをご利用くださいね。

あなたのビジネスの成長をお手伝いします^ ^

一緒にビジネスを作って行きましょう!

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら