自己決定権を持つこと。

誰にでも基本的欲求というものがあって、毎日自分で自分の欲求を満たす責任があります。

自由の欲求は、自己決定、自己選択の欲求です。

自由の欲求が高い人は、自由を阻害される環境では、不自由になってしまい、欲求充足がしにくくなってしまいます。

逆に枠の中にいるのを好む人もいて、ルールが好きな人は、自由の欲求が低い人と言えます。

人それぞれの高低で自由の欲求があるので、良いとか悪いというのではなく、自分に合った自由の欲求の満たし方をすればよいのですよね。

責任の概念を忘れずに、日々、自分の基本的欲求を自分で満たしながら、過ごしていきたいものですね。

自己決定権を自分で握っていきたいですね^ ^

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら