何もできないという強みを生かすこと

普通なら、自分に出来ることがあると、それが強みになって人の役に立つことができて嬉しいものです。

しかし、何も出来ないということも、もしかすると強みになるのかなぁという気持ちになることがあります。

何も出来ないと、周りの人は、動くしかないので、能動的に自分の仕事に取り組むのです。

何も出来ないので、取り組んでいる人を見ると、心から尊敬するので、そのまなざしは、支援的な関わりになるのかもしれません。

何も出来ないのは、自分の役にはあまり立たないけれど、人の役に立つことはあるのかもしれないなぁと思います。

何も出来ないことが、周りの方の成長につながり、その成長を見ていると自分のことのように嬉しいので、結果的に支援的な関わりになり、さらに成長されていくのですね。

何も出来ないことで、人の役に立てることもあるのが、何とも面白いです。

周りの方には、心から感謝をして、成長される姿をこれからも見せていただけるといいなぁと思いました。

わたし自身も、いつもあたたかく見守っていただけることに、改めて感謝しました。

ありがとうございます^ ^

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら