ちょっとした幸せを取り入れること

私たちは、立ち止まっていると、ついつい悪い方向に物事を考えてしまいがちです。

これは、危険から身を守るために必要な行為だといわれています。

ただ、これを続けていると、物事のマイナス面ばかりを考える傾向になり、良いものを見る習慣が少なくなってしまいます。

ですから、毎日意識をして、幸せな方向に目を向けるくらいがちょうどいいともいえます。

意識的に見方や考え方を幸せな方向に変えていくのは、もしかすると心の筋肉を鍛えるようなものなのかもしれません。

ほんのちょっとした日常の出来事から、
・よかったことを見つけて思い出すこと

・自分を受け入れること

・今得ている幸せを考えること

…などのように、心をととのえてポジティブなものの見方を手に入れることは、とても大切です

心の筋力を鍛えて、見方を整える習慣を作っていくと、幸せが積み重なって幸せな方向に舵取りができますね。

社員面談の中でも、今手にしているものを見たり、これから得たいものを伺います。

そうすることで、未来に自分が望んでいるものを見つけて、選びとっていくことができるのです。

社員面談で、なりたい方向を見て、動いていく習慣をつけて、幸せな人生をつくっていきたいものですね(^ν^)
via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら