強みの組み合わせで生産性の高いチームを作る

強みは、誰もが持っていて、息を吐くようにしてできるものですが、なかなか自分自身では当たり前すぎて気がつきません。
そのため、うまく使えていないことが多いのです。

また、使い方も最初のうちは分からなくて、思考錯誤しながら、動いて行く必要があります。

得意なことを、生かして、苦手なことには、あまり目を向けません。
自分が持っていない強みは、チームのメンバーに借りればいいので、苦手を克服する必要もないのです。

チームの中で、得意を出し合いながら動いて行くと、生産性があがります。

そして、息を吐くように出来ることを使っているので、働いている本人も、無理がなくラクなのです。
時間も有効に使えます。

自分に持っていない才能は、周りのひとに借りながら、自分の強みで人の役に立つようにします。

強みを使った社員面談をすると、チームが成長して生産性があがり、利益にもつながりますよ^_^

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら