得意や才能を生かし合って成長するチームを作る

それぞれのメンバーが、互いの違いや、持っている能力を活かし合えると、「得意」を使ってチームに貢献出来るようになります。

「全てにおいて完璧な人」はいないので、得意なことでチームに貢献していくイメージです。

持っている能力を認め合うと、互いの行動に価値を感じることができます。

それぞれの才能に意味があり、チームにとって必要な存在であることを分かち合いながら、得意を使いながら、チームを構成していきます。

苦手なことは、いくら頑張ってもそれほどの強みにはならないので、信頼関係の中で、得意を出し合うことで、成長する強いチームが出来ていきます。

強いチームは、助け合いながら、互いのつよみを出し合いながら、成長していきます。

強みとして、得意なことを仕事に生かして使っているので、仕事も楽しくて仕方がない状態になります。
個人の自信や能力も、底なしに伸びていくのです。

信頼関係も生まれ、才能も大きく成長して、発揮されていきます。

チームでの成長を目指していきたいものですね^ ^

via PressSync

投稿者プロフィール

林 薫(はやしかおる)
林 薫(はやしかおる)
このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら

投稿者:

林 薫(はやしかおる)

林 薫(はやしかおる)

このブログを運営している林 薫(はやしかおる)です。成長促進と未来志向で成長のお手伝いをしています。カウンセラー、コーチ、成長のお手伝いをするチームのコンサルタントをしています詳しいプロフィールはこちら